遅延損害金

キャッシングをする前に、確認しておきたいのがもしも延滞をしてしまったら、どうなるかという点です。
実際に、金融業者から借りたお金の返済が遅れればそれなりのペナルティーを受けることになります。
具体的には、遅延損害金としてペナルティーを受けることになるのです。

 

 

キャッシングの返済期日を超えてしまった場合、債務不履行のペナルティーとして課せられるのです。
一般的にはその算出方法はかなり難しく、また利息制限法という普通の利率の1.46倍までなら損害金を設定できるようになっています。そのため、かなり高い金利によってペナルティーを課せられることになり返済に苦慮することになります。
ですから、概ねの金融業者では一般的な貸し付けよりもさらに高い金利を用いて損害金を算出するようになっています。

 

 

この、ペナルティーを回避したい場合、やはり担当の金融業者に期日までの返済が無理そうであることを相談する必要があります。
また、勝手に黙っていたら向こうから、返済の催促も来るようになりどっちにしろこちらから相談を掛けないといけないことになってしまうのです。

 

 

このように、キャッシングによって借りたお金を期日通りに返済できない場合はペナルティーが生じるようになっています。
これを回避するにはあらかじめ相談して期日を先延ばしにしてもらうよう交渉することが大事です。