利用限度額

キャッシングにおける利用限度額は、法律によって最初から決まっていますので必要以上に金融機関からお金を借りることは出来ません。

 
これはキャッシングに関する特殊な規制であって他の融資のサービスには適用されないのですが、キャッシングの場合は即日で消費者に対してお金を貸すことが出来る仕組みになっていますので、消費者に対する保護を優先するような法律的な制限や規制が整備されているのです。
そのため、キャッシングでお金を借りるときにはまず自身の限度額を知っておかなくてはいけません。

 
こうしたキャッシングに対する規制のことを総量規制と言います。
総量規制のもとでは、これからお金を借りる消費者の年収の三分の一を限度としてお金を貸すことが決まっています。
これ以上の融資をしてしまうとお金を貸した金融機関は行政処分の対象として処分されることになりますので、消費者としては安全にお金を借りることが出来るようになっているわけです。

 
この規制は、言い換えれば本人の年収によってどんどん借りるお金を増額させることが出来るようにもなる規制ですので、柔軟な法律だと言えます。
実際、キャッシングでは追加の融資が簡単になっていますので、利用しやすいサービスなのです。