キャッシングの雑学

キャッシング契約をすると限度額が設定されます。限度額というのは、利用者がいくらまで借りられるかということを示す額です。限度額以内であれば何回でも借りられますが、限度額に達してしまうと、それ以上は借りられなくなってしまいます。

 
ただ、ずっと借りられなくなるわけではなく、返済をするとまた借りられるようになります。なぜ返済をすると借りられるようになるのかというと、債務の元金が減るからです。

テクノロジー08

たとえば、限度額が10万円と設定されているカードでお金を借りた場合、ちょうど10万円を借りたら、もうそれ以上は借りられません。しかし、1万円を返済して債務が減れば、債務は10万円よりも少なくなるので、10万円の差額を新たに借りられるのです。

 
限度額は一度契約したらずっと変わらないというわけではなく、貸金業者によって見直される場合があります。見直しの方向は、上げられる場合と下げられる場合があります。限度額を上げてもらうために利用者が取るべき行動は、カードでの借り入れを利用することと、返済日をきちんと守るということです。カードでの借り入れをまったく利用しない場合は、貸金業者が契約を見直して限度額を上げる可能性は高くありません。